オーダーカーテン専門店!モンルーベ滋賀

フィスバ (FISBA) のリゾート感漂う「ダマスク柄」を使った電動シェード (スーパーリベルタ)

■担当: 籔内 良樹

■使用生地:ドレープ/ANTIQUE 1497(FISBA社)、レース/LUMI しわ加工(オランダ)

■施工ポイント:琵琶湖の畔にある別荘のカーテンを掛け替えさせていただきました。L型の窓はW4700ほどあり、以前は手動のプレーンシェードが付いていましたが、今回は便利な電動シェードをご提案しました。生地はリゾート感が感じられるFISBA(フィスバ)社のANTIQUEをすすめ、インテリアに馴染むベージュの色に合わせてシワ加工のリネンレースをコーディネートしました。電動シェードはTOSO社の大型(スーパーリベルタ)を、本来であれば壁面には付けられないものを持ち出し金具などを使って正面付けしました。設置には苦労しましたが、きちんと計算して仕上げた商品を、腕のいい職人さんに取り付けてもらったので、とてもきれいに納まりました。最高のロケーションの窓に、リゾート感たっぷりな窓まわりを演出できてよかったです。

Before

以前はレースフロントの手動式のプレーンシェード

After

ナチュラルモダンなダマスク柄が魅力的
シワ加工になったリネンのレース
柄取りもきちんと指示したのでより綺麗な仕上がりに
シャープシェードですっきりとした印象に

ANTIQUEはモダンなダマスク柄ですが、パイナップルのようにも見え、ナチュラルモダンな印象の生地でした。高級感が感じられ、別荘やリラックスできる空間によく合っていました。

お客様にも以前とは違った華やかな印象になり、操作方法も便利な電動式に変わったので、大変喜んでいただけました。

Guest room

アーチ型の窓があるゲストルームにはグレーのクロスと馴染ませてグレージュのカーテンをご提案しました。以前は花柄のカーテンにフリルのバランスを付けていましたが、今回はシックなイメージで、落ち着いた印象のカーテンをお選びいただきました。強い日差しが差し込むのでカーテンには裏地を付け、バランスはフリルではなくストレートにし、すそはトリムであしらいました。

アーチ形の装飾も綺麗に整えたので、居心地の良いゲストルームに仕上がりました。

Before

以前の花柄カーテンにフリルのバランス

After

シックでモダンな印象のお部屋に
アーチ形の窓を活かした窓装飾
Previous
Next
TEL CONTACT ONLINE PAGE TOP

MENU