バウハウス 創立100周年を祝ってデザインされたカーテンでお部屋に彩りを

■担当: 籔内 良樹

■使用生地:ドレープ/INTERLOCK MARSHMALLOW(イギリス)、レース/896 セミオーガンジー(ドイツ)

■施工ポイント:寝室の掃出し窓に、輸入カーテンらしいデザインと色彩で、お部屋を海外の様なインテリアに彩ることができました。

今年はドイツ・ワイマールで設立された美術造形学校、バウハウス創立から100周年。この生地はそんなバウハウスの理念を形にしたもので、その色彩感覚とインターロックされたブロックのデザインが見る者を魅了します。

4色ある中からアクセントウォールと馴染むこの色を選ぶことで、お部屋に統一感がでました。またデザインはプリントではなく、ジャガード織りになっているので、色褪せることなく立体的な織りを楽しんでいただけます。

生地質はすごく柔らかいソフトタッチとなっているので、カーテンと合わせて作ったクッションもきっと快適に使っていただけると思います。

共布で作ったおしゃれなクッション
決して派手すぎず落ち着いた色彩
何気ない部屋がカーテンで海外らしいインテリアに

使用生地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です