359.シェードスタイルで開放的な空間 木屋長工務店 近江八幡

359.シェードスタイルで開放的な空間 木屋長工務店 近江八幡

■担当: 籔内 良樹

■使用生地:厚地/Chunga(オランダ)、レース/925(トルコ)

■施工ポイント:木屋長工務店様にご紹介いただいた近江八幡のご新築のカーテンをご提案・施工させていただきました。ウッドデッキへと続く大開口の掃出し窓は巾3500あり、高さは2200。吹抜けているLDKは27帖もあり、開放的な空間は圧巻でした。窓の付近にはリビング階段があったので、この窓にカーテンを付けるとものすごく大きなカーテンの溜まりができると思い、カーテンではなくシェードをおすすめしました。

生地は木のぬくもりを感じる家に合わせて麻(リネン)100%のChungaを提案させていただきました。絶妙な風合いと色味が他にはないモンルーベ人気のリネンです。リネン特有のシャリシャリ感は残しつつ、ふわっとしなやかな生地にヨーロッパならではの配色が人気です。Chungaは広幅なので巾継ぎすることなく大きな窓でも仕立てられます。ナチュラルモダンなインテリアに合わせて、「自分らしさ」を表現するのはいかがでしょうか。

リネン好きの方は是非お問い合わせください。

359.シェードスタイルで開放的な空間 木屋長工務店 近江八幡
窓枠内に取り付けたレースカーテン

ウッドデッキへと続く掃出し窓は出入りしやすいようにレースカーテンを窓枠の中に設置しました。シェードを全開にしておけば小さなお子様でも簡単に出入りできるので、シェードとレースを分けて設置することを提案しました。

シェードは上部に生地の溜まりができるのですっきりおしゃれな空間になり、また自在に高さ調整ができるので日差しの調整がしやすいです。

レースカーテンは日中風をそよそよ感じながら過ごすことができますので、この組み合わせはまさに良いとこどりだと思います。

359.シェードスタイルで開放的な空間 木屋長工務店 近江八幡
シェードを全開にした状態
359.シェードスタイルで開放的な空間 木屋長工務店 近江八幡
シェードを全閉にした状態

キッチン側は上部の吹抜けに取り付けたロールスクリーンと合わせて、レースカーテン&ロールスクリーンの組み合わせにしました。ロールスクリーンは窓枠内に取り付けることですっきりとし、かろやかでおしゃれな雰囲気になります。
吹き抜けに取り付けたロールスクリーンのチェーンは1階の床近くまで伸ばしたので楽に操作することができました。操作するチェーンもレースカーテンの後ろで隠れるようにカーテンレールの長さを考慮しました。

359.シェードスタイルで開放的な空間 木屋長工務店 近江八幡
吹き抜け窓に設置したロールスクリーン(巻き上げた状態)
359.シェードスタイルで開放的な空間 木屋長工務店 近江八幡
ナチュラルルックなレースがインテリアに馴染んでいました
359.シェードスタイルで開放的な空間 木屋長工務店 近江八幡
プリーツスクリーン

和室にはタチカワのプリーツスクリーン(ペルレ)を取り付けました。白い生地ですがしっかりとプライバシーを確保することができます。やさしい質感の和紙調生地は一日中快適に過ごしていただけます。

使用生地

CHUNGA.MKV
厚地:Chunga(オランダ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です