オーダーカーテン専門店!モンルーベ滋賀

大正ロマンを感じるウィンドウトリートメント – シノワズリ

■担当: 貞 雪栄

■使用生地:ドレープ/AVIUM(イギリス)、レース/DESIRE バラチュール(イタリア)

■施工ポイント:甲賀市にお住いのお客様よりダイニングのカーテンを掛け替えさせていただきました。日本の伝統工法「真壁づくり」のお家に大正ロマンを感じるインテリアづくりがご希望でノスタルジックな生地や奥様が大好きなバラをモチーフにした生地を候補に選びました。

チュールレースのデザインと淡いブロンズ色が魅力的で、シノワズリのような華やかで高級感あるドレープがよく合っていました。

ビフォー:昔ながらのウッドポールを使ったカーテン
アフター:華やかな窓装飾に

以前は窓の上にウッドポールのカーテンレールが付いていましたが、今回は梁の下にカーテンレールを取り付け、ボンディングバランスで優雅な雰囲気に仕立てました。ボンディングバランスはカーテンの芯地部分を隠すだけでなく、上部を美しく演出してくれるワンランク上の装飾アイテムです。トリムで縁をおしゃれに飾り、高級感あるロープタッセルを使えばとてもゴージャスな窓まわりになります。

高級感溢れるドレープカーテン
ロープタッセルで大きなたまりも綺麗に収まる
和の空間に溶け込むシノワズリ
同系色でコーディネートしたボンディングバランス

ボンディングバランス(上飾り)まで同じドレープ生地を使うと少し重くなりそうだったので、色味の合う無地でうまくまとめてみました。無地でもシワ加工されているので単調になりすぎず、アクセントとなるトリムがおしゃれに引き締めてくれました。

豪華になった窓まわりにご家族そろって喜んで頂けました。

TEL CONTACT PAGE TOP

MENU