京都市中京区 マンションL型の窓にカーテンとプレーンシェード

■担当: 籔内 良樹

■使用生地:ドレープ/Montano(ハンガリー)、レース/クリスタライン(ドイツ)

■施工ポイント:東京にお住いのお客様が京都市内にお引越しをされ、リビングと寝室のカーテンを納めさせていただきました。リビングのL型窓にはドレープカーテンとプレーンシェードをご提案。幅が4m近くあるので、中央のサッシで2分割しました。ストライプ柄のリピートパターンが崩れないように仕立てたのがポイントです。イエローゴールド色のドレープはアソートカラーとしてお部屋に鮮やかな色味を加えてくれました。小ぶりのロープタッセルでまとめたシンプルモダンなウィンドウトリートメントにお客様も大変満足していただけました。

運気が上がりそうなイエローゴールドカーテン
シェードですっきりとした窓まわりに
ロープタッセルでさりげないおしゃれを
オーダーカーテンならではの美しいウェーブをL型窓に
好きな色のカーテンでお部屋を飾る
高級感感じるモダンなデザイン

L型の窓に取り付けたドレープとプレーンシェード。L型短い方の窓にはカーテンのたまりができるのでレースはあえて仕立てませんでした。その分窓枠有効幅いっぱい使ってシェードを仕立てました。プライバシーを保ちつつ機能的ですっきりとした窓まわりになりました。

Bed room

グレージュでまとめたインテリア
クリスタル付きのロープタッセル

寝室のレースは引越し前に使われていたFEDE フェデポリマーブル LEVIS (RC819 01)と合わせてドレープを選びました。優しい色味と膨れ織りのデザインが魅力的で、お部屋の雰囲気やレースとよく合っていました。レースは丈直しをして使わせていただきました。ヘッドボード側の窓にはプレーンシェードですっきりとした印象に。ドレープとベッドカバーの模様がどこか似ていてうまくまとまりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です