滋賀県湖南市 セキスイハウス ビビットな赤色のボタニカル柄でシャープシェード

■担当: 籔内 良樹 貞 雪栄

■使用生地:ドレープ/FLAMENCO(イギリス)、レース/PLISSE しわ加工(イタリア)

■施工ポイント:セキスイハウスにお住いのお客様よりカーテン掛け替えのご依頼を頂きました。奥様が大好きな赤い花柄やボタニカル柄を使ったナチュラル高級カーテン。ビビットな赤いザクロの実が立体的に表現されているのがとても魅力的で、奥様一目ぼれの生地でした。ドレープ(刺繍のボタニカル)に合わせてレース生地をコーディネートし、お部屋で納得のいく色味を選んで頂きました。鮮やかな色がお部屋に加わり、とっても素敵なウィンドウトリートメントとなりました。

Before

前幕レース&後ろ幕ドレープ

After

前幕ドレープ(シャープ)&後ろ幕レース(プレーン)
刺繍で立体的に表現されているボタニカル柄
鮮やかな色使いが魅力的
シワ加工になったスタイリッシュなレース

以前付いていたコード式のシェード(フロントレース)から機械ごと新たに新調させて頂きました。生地やスタイル選びだけでなく縫製の仕方や取付方にもこだわって製作いたしました。シワ加工になったレースは光を拡散しながら眩しさを和らいでくれます。シンプルで上質な質感がドレープとよく合っていました。

Dining とつながる畳の空間

ダイニングとつながる和室

ダイニングエリアとつながる和室には以前プリーツスクリーンが付いていましたが、ダイニングエリアと合わせてダブルシェードをご提案。生地は和の空間に溶け込む自然素材の中から選び、アクセントクロスとの兼ね合いも考慮しました。

落ち着いた色合いで和の空間に馴染むカーテン
上品なゴールドを横糸に使った自然素材の生地
ファブリックの良さをいかしたダブルシェード
リネンならではの素材感が和の空間に溶け込む

生地が好きな奥様は、どこにでもあるプリーツスクリーンではなく、お部屋に合う生地を選んでオーダーメイドのカーテン(シェード)をすることにして下さいました。お選びいただいた生地でお部屋が一層素敵になり、喜んで頂けたことを大変嬉しく思います。

living room

オレンジからグレーのグラデーションになったレース
後ろ幕はシャープシェード
魅力的なグラデーションになったアースカラー

リビングにはオレンジからグレーとなるグラデーションの生地を使ったシェード。グラデーションの比率を考えて掃き出し窓と腰窓を仕立てました。

後ろ幕のドレープは綺麗にたたみ上がるようシャープシェードにしました。シェードは幅3m/高さ2.5mを超える大きな窓でも1台で対応できるのが大きな魅力でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です