京都市山科区 – バレエ教室に優しさとエレガントさを感じられるカーテンのご提案

■担当: 増田 寿美子

■使用生地:レース/1674 ゴールド(トルコ)

■施工ポイント:お客様からのご要望で優雅な空間にしたいとのことで、艶やかで光沢のあるセミオーガンジーの中から優しいゴールドカラーを提案しました。限られたスペースの中でなるだけ丈を長くしようと、カーテンレールを上に持ち上げて設置し、カーテンの裾はバーにかからないようにしました。ロープタッセルでカーテンにたるみをつけて束ねれば美しいシルエットを楽しめます。きめ細やかでとろんとした柔らかい生地が魅力的です。

 

More Project
待合室のカーテン

待合室にはエレガントなバラがプリントされたドレープに唐草模様の刺繍が施されたレースを提案しました。こちらもロープタッセルを使ったのでシーンに応じたドレープの束ね方ができます。

 

使用生地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です