340.景観を楽しみつつ外からの視界をほどよく遮るレース

景観を楽しみつつ外からの視界をほどよく遮るレース

■担当: 増田 寿美子

■使用生地:レース/Vancouver(オランダ)、ドレープ/シャンタンベージュ(ドイツ)

■施工ポイント:中二階のスタディーペースから見えるすばらしい景観を楽しみつつ、外からの視線もほどよく遮るレースでダブルシェードにしました。上の溜りも気にならないようレースフロントにし、厚地は壁に馴染むようアイボリーにすることでレースが引き立つようにしました。シェードスタイルにすることによってすっきりとし、窓辺にちょっとした小物が飾れてオシャレに仕上がりました。

使用生地

レース:Vancouver(オランダ)

リビング階段

■使用生地:ドレープ/CALIMA(スペイン)

■施工ポイント:リビング階段の間仕切りとして、フラットカーテンをご提案しました。元々はアコーディオンカーテンを入れる計画でしたが、柱や階段の兼ね合いでカーテンに変更しました。カーテンの収納部分もある設計なので、溜まりは全く気になりません。スペイン製のオーガニックコットン100%のナチュラルでアートチックな間仕切りは、階段上の窓から入る光で柄が優しく浮かび上がり、とても素敵です。また間仕切りがあることで冷暖房のききも良くなります。上部のレールには好きな所でランナーが止まるカーテンストッパーを使用したので、収納部分の入口でピタッと止まり、入りすぎたり出すぎたりしません。インテリア性と機能性を兼ねそなえた個性的な間仕切りに仕上がりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です