390.光や風を取り入れるのに最適、オランダ製レース

■担当: 籔内 良樹

■使用生地:レース/Braida(オランダ) 厚地/Gigante(オランダ)

■施工ポイント:琵琶湖が一望できるマンションの一室に、ほどよく眩しさを和らいでくれるレースを提案させて頂きました。このレースは足元の高さのところだけ透け感のあるデザインになっているので、バルコニーの壁などがあるところには光や風を取り入れるのに最適です。窓が3つ並ぶ窓辺にはカーテンレールをジョイントし、大きな窓1つと普通のサイズの窓1つとして仕立てました。そうすることで窓と窓の間にカーテンのたまりができず使い勝手も良くなりました。オランダ製のドレープはダイナミックなボーダー柄に特徴のある織りときれいな配色で見るものを魅了してくれました。

使用生地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です