380.シャープシェードでより高級感が増すお部屋に ダイワハウス

■担当: 籔内 良樹

■使用生地:レース/ARLES Col.3(イタリア) 厚地/Indigo(イタリア)

■施工ポイント:お施主様と間取りを元にどんなカーテンスタイルが生活しやすく、オシャレになるかをまず話し合いました。クローゼットとの干渉やどこにカーテンをためておくかなど、いくつかのパターンから最終的にシャープシェードになりました。結果として、たたみ上げた時に全ての生地がカーテンボックスに納まり、またシェードを下した時ものっぺりした感じがなくモダンな雰囲気にとても合いました。スタイルの次は肝心な生地選びで、色や素材、透け感など納得して頂けるまで探しました。イタリアのフィレンツェから仕入れた光沢のあるとろんとした柔らかみのある麻のドレープに、同じく麻の無地のレースが壁やモダンな家具などにとてもよく調和し、より高級感が増したお部屋になりました。

使用生地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です