356.和でも洋でも似合う質感の良いカーテン

356.和でも洋でも似合う質感の良いカーテン

■担当:増田 寿美子

■使用生地:厚地/ Grey(ギリシャ)、レース/アマンドグレージュ(ドイツ)

■施工ポイント:学生時代にお世話になった美術の先生のご自宅に、ご縁あってカーテンの提案・施工をさせていただきました。玄関入ってすぐに先生の素敵な絵が飾られており、ギャラリーさながらの照明や展示位置はさすがです。他にも先生のお気に入りの作品がお家の各所にかけられるとのことで、カーテンはあまり主張せず、質感のいいものを提案させていただきました。リビングのカーテンはグレージュで統一し、スタイリッシュな膨れ織りが施されたドレープに、フィルクーペのレースカーテンをコーディネートしました。和でも洋でも似合う柄は、住う人の個性に寄り添いながら独特な落ち着いた空間を演出します。

356.和でも洋でも似合う質感の良いカーテン

356.和でも洋でも似合う質感の良いカーテン

356.和でも洋でも似合う質感の良いカーテン

356.和でも洋でも似合う質感の良いカーテン

356.和でも洋でも似合う質感の良いカーテン

■生地:厚地/ Aventis(ドイツ)、レース/1674 ピンクゴールド(トルコ)
■施工ポイント:書斎もグレージュのカーテンで統一。模様が浮き上がる手法でジャガード織りされており、柄部分だけに光沢がほんのりあるので照明があたるとグラデーションのような色合いに。そんなユニークなドレープにベージュとゴールドの中間ぐらいの色味のセミオーガンジーのレースをコーディネートしました。外からは見えにくく、中からは外の様子が見える不思議な生地です。窓の左側には棚があったので、カーテンは右に寄せる片開きで仕立てました。

356.和でも洋でも似合う質感の良いカーテン

356.和でも洋でも似合う質感の良いカーテン

356.和でも洋でも似合う質感の良いカーテン

その他のスリット窓にはプリーツスクリーンを取付けさせていただきました。建具や床の色と馴染ませた色味で落ち着いた雰囲気となりました。
ダイニングはキッチンのシステムパネルに合わせてネイビーブルーでアクセントを。奥様お気に入りのDKになりました。
これからたくさんの先生のコレクションが壁に飾られると、もっともっと素敵になると思います。

先生、奥様、本当にありがとうございました。

使用生地

34098/008.アマンドブラウン

 

レース:アマンドグレージュ(ドイツ)***色違い

1674/col21.ゴールド

 

レース:1674 ピンクゴールド(トルコ)

 

厚地:Aventis(ドイツ)