マーチンデール値とは? 椅子張り用の生地を選ぶのに押さえておきたいポイント

椅子張りの生地はマーチンデール値を参考に使用目的に応じて生地を選びます。マーチンデール値で耐摩耗性の強さを知ることができます。一般的な軽使用の椅子から使用頻度の多い商業施設などの椅子まで、使用目的に応じた生地を選びます。

☆マーチンデール値

軽使用~一般使用 10,000~19,000

一般使用~重使用 20,000~39,000

重使用~公共・商業施設 40,000~59,000

ショールームで使っていた編み込みチェアの汚れが目立ってきたので、生地の張り替えだけでどれだけオシャレになるか試してみました。

選んだ生地はイギリス製のベルベットを座面に、そして背面には同系色の幾何学模様をで選びました。

どちらの生地もマーチンデール2万5千回以上となっているのでショールームで使っても大丈夫です。

編み込みチェアーがモダンでおしゃれなチェアーに

Before

After

何の変哲もない椅子が、オリジナリティー感じられるモダンなな椅子にリメイクできて大変満足しています。実際に捨てようかと思っていた椅子が更に10年近く使えることが何より嬉しいです。

テクスチャーの違う生地を掛け合わせたツートンスタイルに

Before

After

Previous
Next

長年使い込んだ革製のダイニングチェアーは、よく擦れるところが割れてきたり汚れていたのでもう買い替えようかとお考えだったところ、カーテンの掛け替えと合わせて椅子も張り替えることにされました。明るい色にしたいということだったので、イギリス製とイタリア製の白を基調とした生地をお選び頂き、椅子張りに使える強度があるのか確認しました。背の部分と座る部分は違う生地を使用し、テクスチャーの違う生地を掛け合わせることでよりオシャレな椅子に仕上がりました。太ももの裏などがあたる箇所にはウレタンを補強し、脚の裏には滑り止め効果のあるフェルトを打ち込んでもらいました。リメイクされた椅子にお客様も大変喜んでいただけました。

全く違ったテイストの椅子にリメイク

Before

After

カントリー風の一人掛け椅子をクラシックモダンな椅子へとリメイクしました。

もともとオリジナルの椅子には背の部分に生地が付いてなかったのですが、張り替える時に背にも生地を張ってもらいました。選んだ生地はスペイン製でビビットな色使いやデザインが気に入り、柄がきちんと椅子に納まるよう指示しました。

買い替えようかと思っていた椅子がこんなにかっこよく生まれ変わったことに大変嬉しく思いました。

カスタマイズできる喜び

Before

After

After

After

もともと何もなかった背中の部分と肘掛の部分に生地を足してもらいました。このようにデザインまでカスタマイズすることができます。

あなただけのオリジナルの椅子にしてみてはいかがでしょうか?

椅子は使い込んでいくうちにウレタンがへたり、座ると太ももの裏側がいたくなることも・・・。

そういう時はウレタンの交換や部分的に補強することができます。椅子生地の張り替えの際にはウレタンの交換もおすすめします。ウレタンの種類も複数ありますので、お気軽にお尋ねください。

座面だけの生地交換

Before

After

長年使用し、取れない汚れや傷みがあるダイニングチェアーの座面を張り替えさせていただきました。躯体がしっかりしていたので、捨てるにはもったいないと思い、張り替えることを提案させていただきました。生地だけでなく座面のウレタン交換や、傷などのタッチアップ補修もしますので、新品同様に仕上がります。今回張り替えさせたいただいた生地はイタリア製の鮮やかなターコイズブルーで、マーチンデールも一般家庭用の基準を超えたものになります。大事に使っていた椅子のリメイクをお手伝いさせていただく事はとても嬉しいです。