窓が大きくお部屋が広く見えるように、腰窓のカーテン丈をあえて床まで

Before
After
Previous
Next

腰窓のカーテンの裾は窓枠より15㎝ほど出たところまでが一般的ですが、今回の掛け替えでは、あえて床までの長さにし、カーテンと一緒に上飾りのバランスも取付けました。ゴージャスさに加えて、壁一面カーテンとなり、前よりも窓が大きくお部屋が広く見えます。カーテンを変えることでここまで雰囲気が違ってきます。ボンディングの形はお部屋のイメージに合わせてオリジナルのものをお作りします。形やトリムで遊んでみてはいかがでしょうか?