革製のダイニングチェアー 張り替え

Before
After
Before
After
Previous
Next

長年使い込んだ革製のダイニングチェアーは、よく擦れるところが割れてきたり汚れていたのでもう買い替えようかとお考えだったところ、カーテンの掛け替えと合わせて椅子も張り替えることにされました。明るい色にしたいということだったので、イギリス製とイタリア製の白を基調とした生地をお選び頂き、椅子張りに使える強度があるのか確認しました。背の部分と座る部分は違う生地を使用し、テクスチャーの違う生地を掛け合わせることでよりオシャレな椅子に仕上がりました。太ももの裏などがあたる箇所にはウレタンを補強し、脚の裏には滑り止め効果のあるフェルトを打ち込んでもらいいました。生まれ変わった椅子にお客様も大満足しておられました。